スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

103.めばえ

次の闇の領界への道を開放したところで、トビアスたちが先立って調査に行ってくれました。
調査結果を聞いたナドラガ教団の総主教であるオルストフは

「トビアスからの報告によれば 闇の領界は
 深き闇に閉ざされ いたるところから
 毒が吹き出す おそろしい世界……。」


とてもヒトがゆけるところではありません。
闇の領界という場所は、
ふくびきランドという字面から感じる禍々しさと似たレベルであると直感しました。
しかし総主教は続けます。

dq10_103_photo01.png

どうやらくぼんぬと一緒にナドラガンドに来たマイユが闇の領界にいるようだというオルストフ。
せっかくだし調査行ってくんね?と、完全に他人事。





マイユを探すべく泣く泣く、毒の吹き出す闇の領界へ繰り出したくぼんぬですが

dq10_103_photo02.png

?!
  い  た  !!


なにやら死に掛けているマイユとそれに肩を貸す竜族の少年が。

少年の名はサジェ。この近くのカーラモーラ村に住んでいるようですがお出かけの際に
付近の猛毒の胞子を浴びそうになったところ、身を挺して守ってくれたのがマイユなんだとか。
猛毒プレイ、、、少年のクセになかなかレベルが高いぜちくしょう!(ハアハア)


村に連れて帰れば治療法があるようで、マイユを必死に引きずっていたサジェですが
いったい治療法とは何なのでしょうか?

サジェに加勢してマイユを村まで連れて行って、治療してもらうことになりました。
エステラも合流して、治療を見守ることになりましたがコレがまた不思議な方法で、
月の光を浴びれば回復するというのです。ピクシーに早く進化させたい気持ちは分かるけども。
いまいち、信じられません。大丈夫?しっぽがあるせいで大猿にならない?

村長は、もうすぐ月が来るからそう慌てなさんな、と余裕の表情ですが…

dq10_103_01.png

残念ながら、カーラモーラ村全員の希望である「月」が突如、
魔物の手によって破壊されてしまいました。

村の住民達(と村長)が絶望に包まれる中、強い意思を瞳に宿し
腰を上げたのは、他でもないサジェくんでした。

dq10_103_photo03.png

闇の領界 その頂には 楽園あり。
「楽園」なる場所に行けば「月」を探すことができるというのです。

好奇心旺盛なサジェは、村の書物を漁ったりしていたのでしょう。
しかし、村長が制止します。

「されど 楽園には 悪魔が潜む。
 かの楽園は 禁忌の地。
 かつて 我らの祖先の大半は 楽園に潜むという
 悪魔に殺された…。その時 逃げのびた
 わずかな者が 深い闇の底に村を作ったという。」


dq10_103_photo04.png

ハイ論破~~~~!
私が村長だったら村中引き回しの刑に処してますね。
ちょっとイラッ☆としてしまいましたが、サジェくんは実はカワイイんですよね。
なんか単に頭がいいいけ好かないガキンチョ、って最初の印象だったんですけど違うんですよね。
子どもらしく、何かに興味津々なところとか、調査となると急に興奮したりとか

dq10_103_photo05.png

でも周りが見えなくなるほどでもなく、「ごめん夢中になっちゃって」と気を遣えるくらいだったり…
…… でな…… が……
…… …… かわいくてな……
たまらん…… くう……
…… さらに…… もう……
すごすぎ…… …… で……
…… そう おもうか……
どうして…… …… すき……
…… はー!
…… …… だきしめて……
ねるときも……
…… じゃろ…… ……
…… …… すばらし……!
…… うつくし……



ま、いずれにせよサジェくんは行くつもり満々のようで、
くぼんぬにも来て欲しいと頼まれました。もちろん!サジェくんの頼みなら何でも聞くよ!

Q484と月の修理



楽園に到着すると、案の定くらやみ飛天がいました。
月をブッ壊したヤローです。特筆すべきことはありませんので、倒したことだけ報告します。

で、楽園にあったのは
壊れてしまった月だけではありませんでした。
黄色いフォルムのロボット、管理端末Q484が一人佇んでいたのです。

dq10_103_photo06.png

どうやら、
「月」というものは作り物で、ロボットであるQ484にて管理されていたようです。
修理する旨の発言をするQ484。月が作り物であることも、それを直せることもサジェは驚いています。

とは言え、無事に月がこれまでの性能を出せる見込みがあると知り安堵するサジェ。
しかしながら、そう上手くはいきませんでした。
修理を早々に終えたQ484が言ったのは「あと3ヶ月待てば修理の効果が効くよ」ということでした。

dq10_103_02.png

サルファバリンなる凝固促進剤があれば短縮できると説明するQ484ですが
その物質がある場所を教えてはくれませんでした。  が、
そんなときこそシオン様。都合のいいときに都合よくアドバイスをくれます。よき先輩か。

今はないその物質サルファバリン。
過去に行く術をもつくぼんぬなら手に入れられるだろう、過去の友人を訪ねなさいとの
アドバイスを聞き、500年前、赤く燃える太陽レイダメテスに困っていたあのグレンに向かいます。

結局、サルファバルという魔物を倒せば手に入ると分かったので
すぐに討伐に向かいました。サルファバルとの戦闘には、なんか時間制限があるようで
残り1分になると「まもなく崩壊のレクイエムがはじまる」とかキモいことを言う敵だったくらいしか
書くことはないので、くらやみ飛天に続き割愛させて頂きます。
PT構成は くぼんぬ戦士 ミア戦士 テンタ(ホイミスライム) サポ(バトマス) でした。


対 黄金ロボ


サルファバリンをQ484に渡すと、Q484はそれを月に塗布していきました。

修理が完了したところで、これで安心かと思っていたら、なにやら不穏な空気に。

dq10_103_03.png

襲い掛かってきたQ484との戦闘になりました。
引き続き戦士戦士ホイミバトマスのPTでしたが、やはり真やいばくだきやチャージタックルが
功を奏し、安定して勝つことができたように感じます。

死に際、Q484は代替機の製造をスタートする旨のアナウンスをします。

dq10_103_photo07.png

月を修理してくれたQ484に対し、親近感を覚えていたサジェですが、
楽園に来た竜族を殺すようプログラムされているQ484こそが「楽園の悪魔」であると知り、
また新しいQ484が作られることを理解したときのこの表情!
憂いを帯びた中にも、「まだキミのこと諦めないからね」という強い意志が見えますね。GOODです!


月壊れて地固まる


月は無事治りましたが、同時に「月が壊れるものである」ことを知ってしまったカーラモーラ村の住民。
「楽園の悪魔」は存在したよ、と聞いた村長の暗い表情を見て、サジェが言います。

「月の光は すばらしいものだ。
 でも今回みたいに 消えることだってある。

 だから ボクは これからかは
 月の光に 頼らなくても みんなが元気に暮らせる 
 そんな未来を作る為に 研究を続けるよ。」




無事にマイユも元気になったようで、引き続きアロルドの毒を治すべく
ナドラガ教団の薬師たちのもとへ向かったようです。
まあ、その前にサジェとのちょっとした話がありまして、私めっちゃ泣いてしまいましたが
ネタにはなりませんので割愛します。

(続)
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


No title

ネタが多すぎてツッコミが追いつかんだり('ω'`)
サジェ君かわいすぎだりな('ω'`)
飼うか('ω'`)

Re: No title

> ('ω'`)
 詰め込みすぎて、そのうち1つでも知ってるのがあれば御の字です!
 サジェ君はぼくのものだ!!!!
最新記事
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
Author:くぼんぬ
Type:プクリポ♂
Code:UX380-289
Twitter
ランダム画像表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。