FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

83.名づけ親は大工の息子

全ての緋石を守りきったアンルシアとくぼんぬ。
魔王の居場所を突き止め、本丸を叩くために、再度ルシェンダおばばのもとを訪れたのですが

なんと、今まで道を示してくれていた運命の振り子
ソーラリア峡谷を示した直後、粉々に砕け散ってしまいました。

ソーラリア峡谷と言えば魔元帥ゼルドラドがトーマ王子を連れ、緋石を壊しにきたあの場所です。
こりゃ何かヤバいぞ、ということでダッシュでかの地へ向かいました。

dq10_K83_01.png

とんでもなく禍々しい雰囲気に包まれておりました。
もとの峡谷は、なんかこう、すごい良さげな空気感のある素敵プレイスだったのに・・・
アタシのソーラリア峡谷を返してよ!

中心の四角錐が二つ重なったみたいなキモい何かの中にきっと大魔王がいるのでしょう。
謎オブジェに近づいてみたところ、結界にジャマされてそれ以上進めませんでした

そのとき、大魔王からの挨拶です。

「・・・・・・勇者と その盟友よ。
 余の居城・・・・・・魔幻宮殿へ ようこそ。

 余の名は 大魔王マデサゴーラ。
 古き世界の破壊者にして
 新たな世界の創造主なり。

 ついに世界の侵食が始まったのだ。
 そなたの兄が 紙の緋石を砕いたおかげよ。

 余の目的は ひとつ。
 古びた世界を 自ら創りし世界で侵食し
 余の理想の世界を生み出すことだ。」


ルシェンダおばばの推察どおり、大魔王の目的はこの世界の乗っ取りでした。
続けて大魔王より刺客が送られてくるようで

「盟友と呼ばれようとも その者の心の奥底には
 拭い去ることのできぬ 恐怖が潜んでおる。
 今から 余が見せてくれよう。」


dq10_K83_02.png
 「屁ーこいた」って「へ」の後を伸ばす人に悪い人はいないと思います

大魔王の言葉とともに、くぼんぬの体から毒々しいケムリが。
すぐに集まってモニュモニュと形を成したと思ったらなんと冥王ネルゲル


dq10_K83_03.png
 かつとしくん(元ネタ: とっても!ラッキーマン / ガモウひろし、2016ホワイトデーイベント )

冥王ネルゲルの姿こそがアレですよ、避けられぬ死、恐怖ってワケですよ。
そういうのはいいんですけど、
このVer.2.2、ずっと・・・ずっとVer.1のボスの色違いだけで中ボスが構成されてきた中で(ガルレイ除く)
Ver.2.2最後のボスが色違い(というか黒く塗った)という・・・

もう寧ろすがすがしいですね!雲ひとつないわ!


さて、
勝利マンによる煽り攻撃によって見事、恐怖に打ち勝ーーーつ!ことができたのですが
相変わらず、道を塞いでいる結界は消えません。
なんて融通の利かない魔王なんだ。普通、これネルゲル2号倒したら開くんじゃないのか。

大魔王が目の前にいるというのに、アンルシアもくぼんぬも
指をくわえてみていることしかできないとは。

こういうときはルシェンダおばば。困ったときはルシェンダおばばかYahoo!知恵袋のどっちかです。



dq10_K83_04.png
 もうパイにしか目がいかんよ

とりあえず魔王の居城が現世に出現したことについてはポジティブシンキング。
問題は、アンルシアのチカラを以ってしても結界が破れなかったこと。

「アンルシア・・・・・・そなたには まだひとつだけ
 勇者として 欠けているものがある。

 ・・・・・・ペガサスの存在だ。」


先代の勇者とともに戦ったという伝説の残っている、空を駆ける天馬。
天馬ファルシオンなら多分結界破れるよと彼女は言います。

ルシェンダ曰く、天馬は勇者とともに戦った後にキズを癒す目的で
エテーネの島で眠りに着いたらしいのですが・・・
ネルゲルがエテーネを封印したことによって、周辺の海は大荒れ。船での上陸は難しいとのこと。

そんなときに現れたのが、クロウズです。
困ったときに現れるアイツ。クロウズです。

「エテーネの島に渡る方法を ひとつ・・・・・・
 私は 知っています。」


そう言って、ぬ~べ~のOパーツの回で出てきたみたいなビジュアル竜笛なるものを
ルシェンダに渡すクロウズ。どうやら、飛竜を操るための楽器らしいです。
竜笛は、竜族(が昔アストルティアにいたらしい)が造っていたようですが・・・。

何にせよ、飛竜さえ見つかって、この竜笛で操れれば
目的のエテーネの島までいけるということです。




dq10_K83_05.png
 笛ふくプクリポの切ない顔はこちら

操れました!(20代 男性)

飛竜の巣の頂上で竜笛吹いたら、結構エラそうな竜にガチギレされたりしましたが
無事に、空の旅を楽しめそうです。言うほど何もなかったのでここまでの過程は割愛します。




エテーネに行けるようになったのはいいけど、天馬ファルシオンの手がかりがひとつもないまま
ルシェンダにほっぽり出されたので、何をしていいのやら迷ってしまいました。

とは言っても、くぼんぬが人間だった頃に育った土地が
今となってはネルゲルによりメタメタにされたまま放置されている様は、なんとも寂しいものです。

dq10_K83_06a.png
 83話め・・・8と3で・・・ホラ、ね、フフ・・・(元ネタ:ドラゴンクエスト6~幻の大地~)

村の中を歩き回ってみても、なんかよく分かんねえブタしかいないし・・・。
とりあえず近所にナルビアの町てのがあるみたいなので

ソコに行ってみようと思います。(続)
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


No title

相変わらずクオリティ高い('ω'`)
これからも楽しみにしてる('ω'`)

Re: No title

> ('ω'`)さん
 ありがとう頑張る('ω'`)
最新記事
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
Author:くぼんぬ
Type:プクリポ♂
Code:UX380-289
Twitter
ランダム画像表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。